近畿

オーナー宅

大阪府 I邸

パイン無垢材の優しさと光と風をたくさん感じられるこだわりの住まい
延べ床面積 103.87㎡(31.4坪)

「住みたい家に、1日でも永く」
将来を見据えたこだわりの住まい。

 

「いつオープンするんですか?とよく聞かれるんですよね」と語るI様ご夫妻。交通量の多い角地に位置するI様邸は、インパクトのある三連窓と可愛らしいオーニングが道ゆく人の目を引く、お洒落なカフェ風の外観だ。結婚を機に賃貸に住み始めたが、家賃がもったいないと考えるようになり、住宅展示場に足を運んだ。北欧風の外観に惹かれ立ち寄ったスウェーデンハウス。「堅固で永く住み続けられるところに魅力を感じた。」とご主人様。実例を見たり、打合せを進める度、ご夫妻ともに北欧にはまっていったのだとか。内装もこだわりがたくさん詰まっている。リビングに入ると、ご主人様こだわりのパイン無垢材フローリングと奥様こだわりのハンモックが真っ先に目に留まる。季節ごとに変えているというインテリアのアイテムも、スウェーデンハウスに住み始めてから集めるのが趣味になったのだそう。おうち時間が増えた今、「こだわって良かった。本当に快適で毎日家に帰るのが楽しみです。」とご夫妻ともに口を揃えて言う。20代で叶えた夢のマイホーム。「この時期に建てて後悔はひとつもありません!」と最後は自信を持って語ってくれた。

  • 憧れのリビングハンモック。天井を補強して設置。くつろぐ際は常にハンモックの上で過ごします。

  • 妻飾りと三連窓にオーニングで思い描いていた外観に。

  • ポーチにはシンボルになるオリーブの木。毎日実がなるのをお二人で楽しみにしているのだそう。

  • ご主人様こだわりのキッチンは、スウェーデンハウスのオリジナルキッチン「ヴェーリアクック」のブルーグレーカラー。オフホワイトの天板はよりリビングに暖かみを感じさせる。

  • 玄関

    アーチ型の入り口がおしゃれなシューズクローゼット。収納力が高いので、玄関をいつでもすっきりとみせることができる。

  • 外から帰ってきてすぐ手洗いができる洗面スペース。照明が特にお気に入り。

  • 玄関を入ってすぐ横にリビングを配置。スウェーデンハウスは家全体が暖かいので玄関との間に扉がいらず、オープンな空間ができる。

  • 開放感あふれる主寝室。朝目が覚めた時、三連窓とその窓から見える空が毎日の楽しみ。

  • 大きい窓から差し込む光で、二階に上がるのがも楽しみになったという吹き抜け階段。

  • スウェーデンハウスオリジナルの洗面化粧台。木目とこだわりの壁紙をアクセントに、あえてトイレにドアをつけず、空間に広がりをもたせている。