九州

オーナー宅

長崎県 N邸

暮らしに馴染む、1年中快適が続く住まい
延べ床面積 81.23㎡(24.57坪)

「コの字型の平屋、必要なモノすべてがここに」
シンプルとこだわりが詰まった我が家

「実は、スタンダードなスウェーデンハウスらしい雰囲気のデザインはあまり好きではなかったです。(笑)」と、正直に好みを打ち明けてくださったN様ご夫妻。
そんなご夫妻が惹かれたのは、スウェーデンハウスならではの住み心地の良さ。真冬でも靴下がいらないほど温かい室内。 梅雨時はさらりとしていて、室内干しでもよく乾く。冷房を少し入れるだけで、部屋の温度がほぼ一定に保たれる心地よい夏。おうち時間が長くなった今、快適なスウェーデンハウスでの時間を存分に楽しまれている。

 

グレー×ダークブラウンのシックなツートーンでまとめられた、コの字型の個性的な外観。素敵なインテリアに囲まれた室内は、まるでモデルハウスのよう。コの字の中央にはヤマボウシの木が植えられ、季節ごとの変化を、木枠の窓から見て楽しまれているのだとか。 

 

スウェーデンハウスを選ぶ決め手になったのは、「新築のときより10年たった今がいい。これからがますます楽しみ。」という先輩オーナーからの言葉。「住んでから2年目に入り、新築のまっさらな木の質感が少し艶っぽくしっとりしてきて、暮らしに馴染んできたみたい。」と語る。

 

「外観やデザインは自分たちの好きなようにアレンジできました。やっぱりスウェーデンハウスを建ててよかった。」 と最高の笑顔で語ってくれた。

 

  • ウィリアム・モリスの壁紙とコーナーに取付けたペンダント照明のセンスが光る。
    いつか、憧れの北欧デザイン照明をお迎えするのが夢なのだそう。

  • LIXILのキッチンに合わせた、置き家具のカップボードと飾り棚。
    棚の支えをあえて見せない仕上げにしたのがお気に入りのポイント。

  • 片流れと切妻の屋根を組み合わせることで、3棟がコの字型に繋がっているようにみえる、こだわりのデザイン。

  • 窓枠の色味を外壁と合わせて塗装することで、スッキリとした印象に。

  • 玄関

    中央の庭には、立派に育ったヤマボウシの木。木枠の窓越しに季節ごとの変化を楽しまれている。

  • 玄関部分の外壁はダークブラウンで引き締められ、土間コンクリートがクールな印象を与える。L字型にデザインした上がり框は、奥行き感もあり、雨の日には自転車の収納が可能。

  • 廊下をうまく活用し、洗面コーナーや本棚など設け、それぞれの空間としても使えるように配置。

  • 本棚の上には、癒しの観葉植物。ここはキッチンの正面からも見ることができるなど、随所に工夫が施されている。

  • 深いグリーンの壁紙とシックな色味のフローリングで仕上げた2畳の書斎。天井と壁に本棚を作り付けることで、一体感のある落ち着いた空間に。

  • リビング横の和室は床の1/3をフローリングにすることで家具を置きやすくし、暮らしの変化にも対応。ここにソファを置いて、木枠の窓から外の景色を楽しんでいる。