第4回全国オンラインイベント 申し込みはこちら

第4回全国オンラインイベント 申し込みはこちら

スウェーデンの冬の楽しみ

Fettisdag(フェットティースダーグ)/太っちょ火曜日

2月から3月にかけて、冬から春へと向かうこの季節、欧米にはキリスト教にちなんだ「太っちょ火曜日」と呼ばれる日があります。イギリスやアイルランドでは「パンケーキの日」と呼ばれ、スウェーデンでは「セムラの日」と呼ばれます。セムラとはカルダモン入りのバンズの中身をくり抜き、アーモンドペーストとホイップクリームをたっぷり入れたお菓子で、イースターまでに行われる断食前のデザートとして食べられたのが始まりです。この日、多くのベーカリーには、企業のフィーカ用のお菓子として大量の注文が入り、1日で数千個も売れるそうです。毎年ベストセムラがメディア上で選ばれ、様々なベーカリーが自慢のセムラを競い合います。

スウェーデンの「冬の楽しみ」は他にもたくさんあります。

 

気になる続きはこちらから。

 

関連リンク

「北欧の暮らし」コラム

トップへ戻る