【コラム from Sweden 北欧の暮らし】ストックホルム郊外のサマーハウス

 

スウェーデンにとって最高の季節である7月には、多くの人々が1ヶ月ほどの夏休みをサマーハウスで過ごします。

 

ストックホルムから車で1時間ほどの湖畔にある、サマーハウスに友人を訪ねました。

 

本来の持ち主は高齢でサマーハウスの手入れができないため、草刈りや家の手入れをしてくれるならと、格安で借りているそうです。

 

お天気もよかったせいか、青い空が湖に反射した美しい光景が目に飛び込んできました。サマーハウス暮らしでは自給自足が理想です。広い庭には岩を利用した温室があり、ここで野菜などを育てているそうです。

 

お手洗いも穴を掘っただけの自然トイレで、用を足した後には木屑をかぶせます。バスルームもありますが、夏の間は湖での水浴びがシャワー代わりになります。水がきれいなので、水浴びした後はさっぱりします。

 

室内には昔ながらの暖炉があり、夜が寒くなる北欧の夏では、暖炉に火を入れることもあります。自然と一体化した暮らしを1ヶ月間もすると、身も心も完全にリフレッシュします。

 

 この続きはコチラからご覧ください。

 

トップへ戻る