お茶にしよう

優しい光を

いつの間にか増えてしまったスパイスを整理していたら、ご近所さんが訪ねてきた。
旅行に行っていたとくず餅を携えて。ちょうどいい。お茶にしよう――散らかったままで申し訳ないけど、座って、座って。
日本茶でいい?カップはどれにする?私はいつもの湯呑で。
気の置けないご近所さんとのお茶の時間は、楽しすぎてあっという間。ああ、これがフィーカなんだね。
お茶を飲んでおしゃべりをする。それだけのことなのに、私はその日一日ずっと元気で、ご機嫌だった。

フィーカは心を開く鍵

フィーカは何時でも好きな時にできるものだけれど、
午前10時と午後3時の2回が最もポピュラー。
仕事の打ち合わせも、まずはフィーカで心を開いてから…
それほど彼らにとって、この習慣は大切で、愛すべき日常なのだ。
コーヒーが大好きなスウェーデンの人たち。でもそれと同じくらい、
添えられるお菓子を楽しみにしている。特別なものじゃなくていい。
手作りのケーキやクッキー、キュウリとチーズを切ってのせただけの
オープンサンド、旬のイチゴもいいね…。
美味しいものを食べながら、悲しんだり、怒ったりするのは難しい。
まずは笑顔になってから…それがフィーカなのかもしれない。

ミューシグと脳科学

“いつでもどうぞ”の家

私のミューシグって?

暗く長い冬を家の中で過ごすスウェーデンの人々は、家族や友人が心地よく過ごせるようにと、椅子やクッションを整えて、お菓子を用意し、
食器やリネン類も気に入ったものを揃えておく。
シナモンロールに合う色のお皿は?ジンジャークッキーをたっぷりのせるのにちょうどいいサイズじゃない?
そろそろクリスマスのしつらえはどうかしら…
木の窓が教えてくれる季節の移り変わりに合わせて、部屋や食器をコーディネートすることを心の底から楽しんでいる。
訪れる友人に「最高の場所で、一緒にフィーカを楽しもうよ」とでも言うように、居心地よい空間を作り出すそのセンスは、さすが北欧。天才的だ。

わたしの“フィーカ”

私のミューシグって?

いつもより素敵なカップを使ってお茶を淹れてみる。美しく咲いた庭の花を飾る。キャンドルを灯す。ただそれだけで「私」の心が豊かに満たされる…
一人ひとりがその過ごし方を楽しむフィーカの時間は、単にリフレッシュし、リラックスする「休憩」とは少し違う顔つきを持つ。その上で、更に豊かな何かに出合える場。
スウェーデンハウスでは、自分の愛する何かと向き合う場所を「フィーカ」と名付けている。ものづくりを楽しんだり、家族や友人と趣味について語り合ったり…あなたなら「フィーカ」でどんな時間を過ごすだろうか。

BACK NUMBER

  • ミューシグ

    ミューシグ

    スウェーデン語【心地良い場所・空間・時間】
    ex:ああ、ミューシグだね。
    のんびりと、心地よい状態を指します。一人でも、
    親しい人と一緒でも、自分の気持ちに素直になって、
    心の底からリラックス。スウェーデンの人々が大切
    にしている、暮らしのキーワードです。

SHARE

facebook

twitter

情報誌情報誌