さあ、夏がやってくる

ヴァイキングたちのLagom

6月も中旬になると、スウェーデンでは夏の休暇をどう過ごすかという話題でもちきりになる。
多くの人たちは、太陽の下で自然と親しむ時間を楽しむのだが、中でも皆が憧れるのは、サマーハウスで過ごす夏だ。
特に湖畔のサマーハウスの人気は高い。湖で泳いだり、釣りをしたり、水辺で日光浴をしたり…
テレビも携帯もなく、そこにあるのはまぶしい太陽と、美しい自然だけ。家族だけでのんびり過ごす夏は、忘れられない記憶となる。
摘んできたベリーでジュースを作ったり、家族で他愛もないおしゃべりを楽しんだり。
大人も子どもも、夏が終わる頃にはまっさらな気持ちになって街に戻る。

夏の味覚

誰よりも、夏を楽しむ

スウェーデンの夏の風物詩の一つにザリガニパーティーがある。
屋外に置かれたテーブルに、たっぷりのディルと一緒に茹でたザリガニが山のように積まれ、ザリガニ柄の紙ナプキンやエプロンをが並べられる。
近所の友人と声を掛け合って集まることもしばしば。酒宴の歌を歌い、踊り、時間を忘れて夏の味覚に酔いしれる。
新じゃがや、フレッシュなイチゴのデザートなど、夏の味覚がずらりと並ぶ。
スウェーデンでは8月にザリガニ漁が解禁になるため、夏に食べる習慣ができたのだとか。
この季節、マーケットには生のザリガニや茹で上げたザリガニが出回り、
スウェーデンの人たちはワクワクしながらザリガニパーティーの予定を立て始める。

我が家で夏を楽しもう

私のミューシグって?

無邪気に夏を楽しむスウェーデンの人たちのように、もっと自然に、家族で夏を楽しもう。今日はウッドデッキでピクニック。
キャンドルを灯して、家族で語らう夕暮れ。ファミリールームで夜が更けるまでトランプ大会…。
テレビや携帯の電源をOFFにして、自然体で過ごしてみれば、いつもと違う、自分の笑顔に驚くはずだ。
子どもたちと庭や家の手入れをするのもいいし、ただ太陽の下で何もせずのんびりするのもいい。
大好きな我が家で夏を思い切り楽しむ方法は、数えきれないくらいたくさんあるのだから。

自然に寄り添いながら自分らしく暮らす

「mjuk in JAPAN」
スウェーデンに学んだ、幸せな家のあり方、ミューク。
特別なことはないけれど、自分らしくいられる居心地の良い空間、
時間を自分で作り上げる暮らし。
自然に寄り添いながら、そんな毎日を楽しまれている方々を、
北海道のスウェーデンヒルズに訪ねました。
それぞれの“ミューク”なひとときをのぞいてみませんか?

自然に寄り添いながら自分らしく暮らす

BACK NUMBER

  • ソンマルストゥーガ

    ソンマルストゥーガ

    スウェーデン語【サマーハウス】
    夏を過ごす家――スウェーデンのサマーハウスは、
    日本の「別荘」とは少し様子が異なる。
    日常の喧騒から離れた場所で、時間をかけ、手をかけて、生活の場を自分たちで作り上げる喜びは、自然への畏怖と、 日々の生活への感謝を育む。
    サマーハウスで過ごす夏の時間は、スウェーデンの人々の「生きる力」の源となっている。

  • フェンステル

    フェンステル

    スウェーデン語【窓】
    スウェーデンの人たちにとって、
    窓は単なる「開口部」ではない。 光あふれる短い夏と、暗く長い冬がめぐる暮らしの中で、窓は「太陽の入り口」となったのだ。
    個性豊かに飾られた窓辺は、道行く人の目も楽しませ、街を、そしてスウェーデンという国を
    美しく彩っている。

  • ラゴム

    ラゴム

    スウェーデン語【ちょうどよい・ほどほど】
    ex:ほどほどが一番
    ヴァイキングたちが一杯の蜂蜜酒を回し飲みする時に、
    それぞれが自分にちょうどよい量を飲んで分け合った
    “Laget om(ラーゲット・オム)=仲間と分け合う“
    という言葉が語源とも言われる。
    多すぎず、少なすぎず、自分に合った物や量を良しとするスウェーデンの哲学を表す言葉。

  • フィーカ

    フィーカ

    スウェーデン語【お茶の時間、お茶をする】
    ex:お茶にしませんか?
    スウェーデン独自のコーヒーブレイク。コーヒーを
    意味するKaffeがひっくり返ってFikaになったと
    言われている。コーヒーと一緒に軽いパンやお菓子
    がセットになることが多く、スウェーデンの人々が
    大事にしている、心を通わせ合う時間。もちろん一人
    でのフィーカもOK。

  • ミューシグ

    ミューシグ

    スウェーデン語【心地良い場所・空間・時間】
    ex:ああ、ミューシグだね。
    のんびりと、心地よい状態を指します。一人でも、
    親しい人と一緒でも、自分の気持ちに素直になって、
    心の底からリラックス。スウェーデンの人々が大切
    にしている、暮らしのキーワードです。

SHARE

facebook

twitter

情報誌情報誌