ちょっとした工夫や遊び心で、
あなたのおうち時間にワクワク、ドキドキをプラスしませんか?
暮らすほどに愛着が深まっていく、そんな毎日をミュークがお手伝いします。

Focus 5 もっと!ファミリールーム ーようこそ僕らの秘密基地ー

階段まわりの小さな空間などを利用して、多目的に活用できるプライベートスペースを作りませんか?
スウェーデンハウスがお勧めしている「ファミリールーム」は、一人ひとりがくつろげる、家族みんなで楽しめる、秘密基地のようなスペースです。 シアタールームになったり、ワークスペースになったりと、アイデアやニーズに合わせて、200%楽しめる空間です。

「このグループのアルバム、他にも持ってる?」と息子が聞いてきた。
興味がないような素振りでスマホを見ていたくせに、なんだ、ちゃんと聞いていたのか。
ニヤリと笑いそうになりながら「あるよ、聴く?」と素っ気なく答えた。
 普通なら通り過ぎるだけの場所に、棚を作り付け、青春を共にしたギターやら、オーディオセットやらを置いた。
我が家のファミリールームは、一人になりたいような、誰かといたいような。そんなプライベート空間だ。
 手渡したレコードに、息子が針を落としている。少し緊張した表情が、胸の奥をくすぐった。

POINT

明るく、フレキシブルな空間に。

リビングとは別に、プライベートな時間を楽しめるスペースがあると、家族の時間はもっと深く、楽しくなります。
 それぞれの秘密基地でありながら、集まり、繋がれる場所。そんなファミリールームには全体的に明るいトーンの空間づくりを。開放的でリラックスした時間が過ごせます。また、あえてアウトドアで活躍する椅子やテーブルマットなどを利用するのもおすすめ。
様々なシーンにフレキシブルに対応するのも、自由度をUPしてくれるテクニックです。

ホームシアターに憧れると言い出したのは妻だった。
いいよ、それなら作っちゃおう。この家なら、防音設備がなくても大丈夫。
スクリーンのスペースを確保するのだって、工夫次第で何とでもなる…。
なかなか観返す機会のない家族のビデオを、整理するのもいいかもしれない。
「動画の編集なら得意だろ」と、息子に発注した数週間後、初上映会が開催された。

手作りスクリーンも上出来で、映し出されるシーンが胸に迫る。
こんなことまでできるのか…映像の編集技術にただただ驚く。
BGMに流れる今風の楽曲の合間に、僕らの世代のヒットソングが織り込まれていたりして。
「おまえ、すごいな」思わず口をついて出た言葉に、息子はちらりと視線をくれながら言う。
「そっちこそ、いい曲たくさん知ってるよね。すごいんじゃない?」。
――「親子で褒め合って、へんなの!」、妻が楽しそうに笑ってみせた。

POINT

家族のイベントを楽しもう。

いつもはそれぞれが自由に楽しむファミリールームも、時々みんなで「集まる理由」があると楽しさ倍増。一緒にDIYに挑戦したり、模様替えをしてみたり。「やってみたい」を叶える場所として、楽しんでみては。暑さや寒さが気になったり、外への音漏れの心配なども、スウェーデンハウスなら大丈夫。それぞれが自由な発想を持ち寄って、家族の時間を楽しんでみてください。

HANDMADE

手作りスクリーンで
ホームシアター完成!

想像以上の大迫力が楽しめる、シアタールーム。専用の部屋がなくても、スクリーンさえあればOK。
簡単に取り付けられて、使わない時にはまるめて収納できます。

材料
  • お好みの大きさの布地(白系)
    ※撮影では合皮を使用
    ハトメセット
    クランプ
    ゴムハンマー
    デザインワイヤー(90度ひねれるS字フックでも可)
    木の棒 ※撮影では直径1.8cmのものを使用
    布用両面テープ
    ニッパー
    ハサミ
    ものさし等

作り方
  • ハトメの位置を決めて、布に印をつける。
    ※今回は、横幅160cmの布を使用。布の上端から1.5cm、左右の端から1cm程度離した位置から等間隔に 5か所印をつけました。

  • ① ハトメパンチで穴を空け、ハトメ金具をハンマーで取り付ける。

  • ② 布の下端に両面テープで木の棒を巻き込む。

  • ③ 設置場所にクランプを取り付け、ワイヤーでS字フックを作り、90度ひねる。
    布を取り付けてできあがり。

ADVICE

これから家づくりを楽しむ方へ、
スウェーデンハウスがアドバイス!

ミューク流 
ファミリールームのプラン例

ゆったりファミリールーム

寝室など、プライベートな空間のそばに設けることの多いファミリールームは、家族のくつろぎスペース。部屋として間仕切らないので、ゆったりと自由に使えます。
ラグを敷いてお子さんのプレイルームにしたり、家族で映画を見たり。その時々の「みんなの楽しい」を叶えるフレキシブルな空間です。

コンパクトなファミリールーム

廊下の一隅にデスクを置けば、居心地のいいワークスペースに。階段を通して家族の気配が感じられます。木枠の窓から見える景色に、気分もリフレッシュできますね。

今回のもっと!ファミリールームを
撮影したモデルハウスはこちら

市川モデルハウス

ゆったりとした寄棟屋根に、陰影の美しい白い外壁。スウェーデンの丁寧な暮らしから学んだ、家族や自分とじっくり向き合うことのできる住まいです。

〒272-0015 千葉県市川市鬼高1-1-2(ABCハウジング市川住宅公園)

※撮影時のコーディネートは展示しておりません。ご了承ください。

Web から簡単予約!
来場予約はこちら

Back Number

  • Focus 1

    もっと!バルコニー

  • Focus 2

    みんなのフィーカ

  • Focus 3

    もっと!インテリア

  • Focus 4

    もっと!階段スペース

SHARE

facebook

twitter

情報誌