ちょっとした工夫や遊び心で、
あなたのおうち時間にワクワク、ドキドキをプラスしませんか?
暮らすほどに愛着が深まっていく、そんな毎日をミュークがお手伝いします。

Focus 2 みんなのフィーカ

スウェーデンの家庭を訪ねると、キッチンにちょっとしたスペースがあることに気づきます。ダイニングとは別に、多目的に使うこのスペースを、スウェーデンの人たちは日々の暮らしの中で上手に活用しています。ちょっとフィーカする、子どもと話す、夫婦でお酒を楽しむ…きゅっと寄り添うプライベートコーナーで、家族の時間は豊かに積み重なっていきます。

MORNING

家族みんなが慌ただしい朝は、キッチンのフィーカコーナーが大活躍。パンやシリアル、ミルクやチーズ、フルーツなどをテーブルへ並べておいて、それぞれが好きなものを好きなだけ取っていただくのがスウェーデンスタイル。朝日の中で気持ちよく身体が目覚めたら、さあ、元気に一日を始めましょう。

AFTERNOON

午後、子どもたちが学校から帰って来る頃は、大人もちょうど一息つきたい時間。親子でフィーカを楽しみましょう。子どもたちは家族のいるキッチンが大好き。学校での話をしたり、おやつを食べたり…小さなテーブルと椅子が、和やかなひとときを運びます。

EVENING

夕食のテーブルに家族が揃うまでのわずかな時間や、食後のひとときなどには、お気に入りのお酒と一緒に大人のフィーカを。テレビを消して、スマホを置いて…キャンドルにあかりを灯すだけで、雰囲気はぐっとやわらかくなります。リラックスタイムで、一日の疲れをのんびりと癒してみては。

コラム From Sweden

スウェーデンのキッチン
(ミッドセンチュリー)

詳しくはこちら>>

HANDMADE

身近な材料で、
カフェカーテンを作ろう!

目隠しと同時に、爽やかなアクセントになるカフェカーテン。
おうちにある布地などを利用して、簡単にできるアイデアレシピをご紹介します。折り返したり、別布と合わせたりしても、素敵な表情が生まれます。

材料
  • レースなどの布
    カードリング(写真は直径19mmを使用)※
    つっぱり棒
    ※大きめのリングやフックのついたクリップタイプでも作製できますが、吊るした時に棒と布の間が空かないようにするには、小さめのリングがおススメです。

作り方
  • ①カードリングが通せる穴の開いた布地を用意する。
    好みの間隔を開けながら、穴にリングを通していく。

  • ②リングにつっぱり棒を通す(リングが小さくて通らない場合は、先端のキャップを外して通す)。

  • ③窓枠に取り付ける。

ADVICE

これから家づくりを楽しむ方へ、
スウェーデンハウスがアドバイス!

ミューク流 
キッチンの楽しみ方

ダイニングキッチン

ダイニングキッチンとリビングを壁で間仕切ったプラン。大きなテーブルをおけば、いつも家族が集まる場所に。壁の色を工夫したり、床にタイルを張るなど、リビングと違った雰囲気のインテリアを楽しむこともできます。

キッチンのフィーカコーナー

キッチンカウンター横にちょっとしたスペースを設けました。二人掛けのテーブルに、お気に入りの小さなスツール。窓辺にわずかなスペースがあるだけで、キッチンはもっと居心地のいい場所になります。

今回キッチンのフィーカコーナーを
撮影したモデルハウスはこちら!

新前橋モデルハウス

葺き下ろしの天井が開放的なリビングでは、庭とのつながりを感じながらゆったりと寛ぐことができます。また、リビング奥には琉球畳と掘コタツで落ち着きのある和室を設け、安らぎの空間に。省エネで環境にやさしい住まいをご体感いただけます。

〒371-0844 群馬県前橋市古市町180-3(上毛新聞マイホームプラザ MIRAI STYLE)

※撮影時のコーディネートは展示しておりません。ご了承ください。

Web から簡単予約!
来場予約はこちら

Back Number

  • Focus 1

    もっと!バルコニー

SHARE

facebook

twitter

情報誌