ページ内を移動するためのリンクです。

15????? ?????????????
????????
?????????


ブランドヒストリー

スウェーデン・ダーラナ地方で見つけた、人にやさしい住宅。福祉の先進国ならではの思想と優れた性能を日本に届けたいという想いは 北海道から始まり、全国に広がりました。スウェーデンで生まれ、日本で育った家。それがスウェーデンハウスです。

スウェーデンハウスはひとつのグレードの住まいをずっとトップレベルの性能でお届けし続けています。時代が変わっても、その価値は変わりません。それがスウェーデンハウスが本物である証なのです。

木の家に住まう

大きな屋根の下、家族の笑い声があふれるリビング。はだしでもほのかに暖かさを感じる床。
ふとした瞬間に広がるのは、さわやかな木の香り。
天然の木で建てられた家だからこその空間が、そこにはあります。
スウェーデンハウスは、福祉の国・スウェーデンの人と自然に優しい住思想を、
日本に持ってきました。
「本物の住まいを届けたい」という願いは、創業以来30年、
日本全国に約30,000棟のスウェーデンハウスが建つまでになりました。

豊かな暮らしとはなにか

「豊かさとは何か」。そう考えているとき、我々はスウェーデンの住宅に出会いました。
北極圏近くの雪に埋もれた小さな街。そこに建つ家に入ると、中は春のように暖かでした。
暖房器具は、小さな暖炉だけだといいます。
壁や床の、落ち着いた風合いの木の色からは、長年手入れされてきたことが伺えました。
日本の住宅は冬になると、暖房のない廊下や脱衣所ではどうしても寒さを感じてしまいます。
きちんとした造りで住宅を建てると、寒い冬でも暖かく過ごすことができる。
そして、しっかりとした造りの家を、孫の代まで使っていく。それが本来の家の姿ではないか。
そう考えた我々は、日本にこの住宅を届けようと決心したのでした。

日本の住宅の価値観を変える

当時の住宅メーカーは、いかに安い住宅を作り、大量に売るかを考える傾向にありました。
家は消費財であり、25年で建て替えるものだという考えが一般的だったのです。
しっかりとした性能の家を建てるという、
スウェーデンハウスの理念はなかなか理解してもらえませんでした。
しかし、「スウェーデンで経験した、あの木の家の暖かさ。いいものは必ず受け入れてもらえる。」
そう信じて努力を重ねた結果、北海道からスタートして、全国に広がっていったのです。
それは日本の住宅の価値観を変える画期的なことでした。

本物は変わらない

スウェーデンハウスは1984年の創業当時から、
変わらぬ性能の住まいを、ワングレードのみ提供し続けてきました。
気密性、断熱性に優れた住宅は、家庭での消費エネルギーを少なく抑えることができます。
それは地球にもやさしいということ。
また壁パネルを中心とした構造材は、
木を切ったあとに新たに計画植林された森林のものだけを使用しています。
大地とともに暮らしていくこと。それがスウェーデンで学んだ豊かさの形です。
その結果、30年以上前と変わらぬ性能で、現在でもトップレベルの性能を提供。
地球温暖化防止活動環境大臣賞や、
ハウス・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、高い評価を受けています。
これからも変わらない良さを。
じっくりと手をかけて、大切に使い続けていきたい住まいが、ここにあります。

>北欧の家の魅力
>テクノロジー