ママ:8月はとっても暑かったけど、9月になって少し和らぎましたね。

ムースくん:はい。異常なほどの暑さでしたね。

ママ:暑さからも大切な家族を守る家ですから、しっかり対策された家を選びたいです!

ムースくん:そうですね。このような異常な暑さなどから家族を守ってくれる家がどのように出来ているのか、詳しく見学できるイベントがありますよ。

ママ:それは見てみたいです。どんなイベントなんですか?

ムースくん:それは建築現場見学会です。


ママ:建築現場?近所で見かけることもありますけど、見学できるんですか?

ムースくん:はい。勝手に入るのはもちろんNGですが、ハウスメーカーでは構造の特徴などをよく理解してもらうために見学会を行っています。会社によっては工場見学をしたり、大工さんから話を聞いたりする機会もありますよ。

ママ:おうちのことが隅々まで分かりそうですね!

ムースくん:そうなんです。前回ご紹介した入居者内覧会では、住み心地など住んでからしか分からないことを知ることが出来るのですが、建築現場見学会では外壁材や壁クロスを貼る前の状態など、家が出来上がる前でなければ見ることが出来ない部分がたくさんあるんです!

ママ:出来上がった家はどれも綺麗だけど、壁の中は会社によって色々工夫されてるんでしょうね。

ムースくん:木造の在来工法や2×4工法、鉄骨やコンクリートなど、建て方や材質による建築現場の違いを比べてみると家選びの参考になるんじゃないでしょうか。

ママ:そうですね。それは見学会に行ってみないと、モデルハウスだけでは分かりませんね。

ムースくん:たとえば、スウェーデンハウスは北欧の家なので、高温多湿の日本には合わないんじゃないかと言われることがあります。

ママ:確かに気候は違いますよね。

ムースくん:ですが、創業前に北海道に実験住宅を建て、その後も様々な実験や試験を行って、梅雨のジメジメや夏の暑さなど日本の環境に適した性能の高い家になっているんです。その高性能を支えている工夫を建築現場見学会で確かめてみてください!

ママ:はい。いろんな建築現場を見比べてみたいです!でも、ちょっと難しそうだから、パパも連れて行こうかな。

ムースくん:ぜひ家族みんなで見てください。安全にも配慮していますし、わからないところはスタッフが丁寧に解説してくれますよ。



バックナンバー HOME