<!--YES-->

mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第71回
Kärleksmums(シャーレクスムムス)

スウェーデンではバレンタインデー「Alla hjärtans dag(アッラ・イェッタンス・ダーグ)みんなのハートの日」に、大切な人にプレゼントを贈る習慣がありますが、「Kärlekens dag(シャーレケンス・ダーグ)愛の日」とされている4月3日に、Kärleksmums(シャーレクスムムス)というお菓子を作る人も多いようです。
「kärlek(シャーレーク」)は「love」、「mums(ムムス)」は「yummy」を意味するスウェーデン語。
「う~ん、美味しい!」っておもわず言ってしまうほど、とろけるような恋の味。
そんな面白い名前のついたお菓子って、いったいどんな味がするのでしょう?
シャーレクスムムスは、その形から「Chokladrutor(ショクラードルートル)四角いチョコレートケーキ」とも呼ばれます。
とは言っても、チョコレートを溶かして作るハードルの高いレシピではなく、ココアパウダーで作れる、失敗しない簡単レシピです。素朴なチョコレート味のスポンジケーキに、チョコレートのアイシングとココナッツロングをトッピングするだけで、可愛いおもてなしケーキに仕上がります。
天板にクッキングペーパーを敷いて焼くのが一般的ですが、四角形や円形、またハート形のケーキ型で焼いてアレンジしてもいいですね。

=========レシピ=========

<材料>

25cm x30cm の型(カットして約30個分程度)か同じくらいの大きさの天板1台分

[生地]
・牛乳・・・・100ml
・バター・・・150g
・卵・・・・・・・3個
・グラニュー糖・・225g
・薄力粉・・・・・180g
・ベーキングパウダー・・小さじ2
・ココアパウダー・・・・大さじ4

[アイシング]
・バター・・・・・75g
・濃いめのコーヒー・・大さじ5
・ココアパウダー・・・大さじ3強(50ml)
・バニラシュガー・・・大さじ1 *バニラエッセンス数滴で代用可
・粉糖・・・・・・200g

[トッピング]
・ココナッツロング・・・20g

<作り方>

①オーブンを170度に余熱する。
 型にクッキングペーパーを敷く。
②鍋に牛乳とバターを入れて溶かす。
③ボウルに卵とグラニュー糖を入れて、泡立て器でふんわりするまで泡立てる。
④粉類(薄力粉、ベーキングパウダー、ココアパウダー)を混ぜ合わせて、ザルなどでふるったら、③のボウルに加えて木ベラかゴムベラで滑らかになるまで混ぜ合わせる。
⑤④に②の牛乳とバターを加えて、ムラのないように混ぜ合わせ、①の型に流し入れる。
⑥台の上で型を少し持ち上げポンと落として空気を少し抜いてから、オーブンの中段に入れて25分~30分焼く。
⑦生地を焼いている間にアイシングを作る。
 バターを鍋で溶かしてその他の材料と混ぜ合わせる。
⑧焼きあがったら、少し粗熱をとってから⑦のアイシングをかけて、乾ききらないうちにココナッツロングをふりかけてデコレーションする。
⑨アイシングが固まったら、5cm角にカットする。

*その日に食べない分はすぐに冷凍しておくと良い。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事