mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第64回
Pastasallad med kyckling
(パスタサラッド・メ・シュクリング)
チキンパスタサラダ

おそらくスウェーデン人が一番好きなお肉ではないかと思うほど、チキンは1年をとおしてよく食べられている食材です。自宅のオーブンですぐ焼けるよう、スパイスの効いた様々な種類のグリルチキンがパック入りで売られています。
これらはそのままオーブンに入れて焼くだけのとても簡単なものなのですが、その時間すら惜しむ平日のスウェーデンの人たちは、よく焼きたてのグリルチキンを買って帰ります。お米やパスタとサラダを準備すれば、それだけで立派な夕食になるのですから、スウェーデン流「究極の時短メニュー」といえるでしょう。
グリルチキンはホールで焼かれていますが、半身やももだけでも買うことができ、ちょっと手を加えるといろいろな料理にもアレンジできる定番の人気惣菜です。
アレンジ料理の中でも私の大のお気に入りは「グリルチキンのパスタサラダ」で、ピクニック用にもよく作りました。
日本では、スウェーデンのようなグリルチキンを、容易に手に入れることも自分で焼くこともなかなか大変なので、市販のスモークチキンで代用してパスタサラダを作っています。カレー風味で仕上げるチキンパスタサラダは、食欲が低下する夏場でも美味しくいただける一品なので、ぜひ作ってみてくださいね!

=========レシピ=========

<材料>

*** チキンパスタサラダ 4人分 ***
・パスタ(ペンネ、マカロニ、ファルファッレ等)・・・160g
・チキン(グリルチキン、スモークチキン等)・・・200g
・野菜・・・レタス類5~6枚、きゅうり1~2本、セロリ1本、紫玉ねぎ小1/2、パプリカ1/2個、ルッコラ3~4株程度等
・オリーブオイル・・・大さじ1
【カレーマヨネーズソース】
・ディジョンマスタード・・・大さじ1
・はちみつ・・・大さじ1
・サワークリーム・・・100g(水切りヨーグルトで代用可)
・マヨネーズ・・・100g
・カレーパウダー・・・小さじ2
・レモン汁・・・大さじ1
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々

<作り方>

1)紫玉ねぎは薄切りにして水にさらす。その他の野菜は好きな形にカットする。(パスタと同じくらいの大きさがおすすめ)
2)カレーマヨネーズソースの材料を全て混ぜ合わせる。
3)分量のパスタを少し柔らかめに茹でる。
4)茹で上がったパスタは冷水で軽く洗って、オリーブオイルを絡めて冷ます。
5)チキンは一口大に手で裂いて、茹でたマカロニ、水気をしっかりと切った紫玉ねぎと一緒にカレーマヨネーズソース半分と混ぜ合わせる。
6)ルッコラの一部を残して、カットした野菜をサラダボウルか大皿に盛り付け、4)のパスタを乗せて、残りのソースをかける。
7)取っておいたルッコラを飾る。
8)全体を混ぜ合わせていただきますが、盛り付けたサラダを各自皿に取り分けてから、ソースをかけていただいても良い。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >