mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第51回
Midsommarmat (ミッドソンマルモート)
ミッドサマーの食べ物
Farskpotatis(フェシュクポターティス)新ジャガ

スウェーデンでは6月下旬(20日~26日の間の週末)にクリスマスと並ぶ大きな行事「ミッドサマー(夏至)」のお祭りが行われます。

ミッドサマーには、お決まりのようにみんなが、「酢漬けのニシン」と「新ジャガ」、「イチゴ」を食べますが、新ジャガを食べるようになったのは100年ほど前からだそうです。

その当時、新ジャガは一部の上流階級の人たちだけの食べ物で、農家の人たちにとっては、まだ育ちきっていないジャガイモを掘り出して食べるなど、とてつもなくもったいないことだと思われていました。また、飢えに苦しんでいた農家では、1900年代中期になるまで、イチゴを育てるほどの土地の余裕もなかったそうです。

ニシンは新ジャガやイチゴとは違い、簡単に手に入れることができる食べ物でしたが、砂糖が高価だった昔は主に塩漬けにされていました。お酢と砂糖で漬けるようになったのは、やはり1900年代になってからのこと。今では、当たり前のように食べているものでも、歴史を振り返ってみると随分贅沢なものだったのですね。

日本でもそろそろ新ジャガが出回り始める頃。お肉やお魚のステーキに添えていただく、美味しい新ジャガのレシピをご紹介しましょう!

=========レシピ=========

<材料>

新ジャガのロースト、ドラゴンソース添え
*** 4人分 ***
・新ジャガ・・・・900g
・オリーブオイル・・・・大さじ2 1/2
・塩・・・・小さじ3/4 (3.75g)
・ブラックペッパー・・・・小さじ1/4
・パルメザンチーズ(粉)・・・・大さじ3強(23g)
【ドラゴンソース】
・サワークリーム(または水気を切ったヨーグルト)・・・・200ml
・ドラゴン(フレンチタラゴン) フレッシュハーブの場合・・・・大さじ1~2
※ドライの場合は1/3量・・・・小さじ1~2
・ディジョンマスタード・・・・大さじ1/2
・ホワイトワインビネガー・・・・小さじ1
・塩 ひとつまみ・・・・1~2g程度
・ブラックペッパー・・・・少々

<作り方>

①ジャガイモはブラシなどで綺麗に洗って、皮付きのまま塩(レシピ分量外)少々を入れた水で茹でる。
②オーブンを250度に余熱する。
③オーブンプレートにクッキングペーパーを敷き、茹で上がったジャガイモをのせる。
④フォークなどで③のジャガイモを軽く潰して、上からオリーブオイルを回しかけ、塩とブラックペッパーをふりかける。
⑤250度のオーブンの中段で、途中混ぜながら焼き色がつき表面がパリッとするまで、20分程度焼く。
⑥オーブンから取り出したら、すぐにパルメザンチーズをふりかける。
⑦ドラゴンソースの材料を全て混ぜ合わせて、焼きあがった新ジャガに添える。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >