mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第40回
Kryddsmor(クリッドスメール)/ ハーブバター

スウェーデンで夏の食べものといえば、バーベキューが一番の人気。

一軒家には庭に大きなバーベキューコンロがあり、集合住宅ではベランダで調理することが禁止されているため、共同のバーベキュースペースが中庭に用意されています。

野菜と肉を串にさしたバーベキューの他に、厚切りの牛肉、豚肉、ラム肉などをマリネしてグリルすることも多く、この時期スーパー等ではマリネした色々な種類の肉が売られています。また、ハーブで味付けをしたフランクフルトソーセージもバーベキューの定番です。

ソーセージはマスタードで、肉類はソースで食べるのが一般的で、付け合わせには一緒にグリルした野菜や、茹でたジャガイモとサラダを添えます。

ソースには色々な種類がありますが、私のお気に入りは、ハーブとスパイスを混ぜたハーブバターです。ハーブバターが熱々のお肉の上で溶けて美味しいソースになるのです!

スウェーデンでは市販のハーブバターのバリエーションが多く、簡単に買えますが、お好みのハーブとスパイスで簡単に作れる手づくりハーブバターもいいですね。

グリルは勿論、ステーキにもぴったりなオリジナルハーブバターでお友達をもてなしてみては?

冷凍保存ができるので、数種類作っておくとお肉に合わせて使い分けができます。

勿論、チキンやお魚にも合いますよ!

=========レシピ=========

<材料>

【 基本のガーリックバター 】 4~6人分
バター・・・100g
ニンニクのすりおろし・・・1片分
パセリのみじん切り・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ
ブラックペッパー・・・少々

***** バリエーション *****
●基本のガーリックバター + 醤油 小さじ2
●基本のガーリックバター + パプリカ 小さじ2
●基本のガーリックバター + カレー粉 小さじ2

【 王道のハーブバター 】 4~6人分
〈カフェ・ド・パリース〉
バター・・・150g
エシャロットのみじん切り・・・1/2個分
パセリのみじん切り・・・大さじ1
レモンの絞り汁・・・大さじ1/2
マスタード・・・小さじ1/2
乾燥のオレガノ、セージ、マジョラム、タイム、ホースラデッシュ、パプリカ・・・各小さじ1/4
*フレッシュがあれば、みじん切りにして入れる。

***** バリエーション *****
〈イタリアン風〉4人分
バター・・・100g
ドライトマトみじん切り・・・大さじ2(3ピース程度)
ニンニクのすりおろし・・・1/2片分
バジルのみじん切り・・・大さじ2
ホワイトペッパー・・・少々
レモン汁・・・大さじ1

〈プロヴァンス風〉4人分
バター・・・100g
ニンニクのすりおろし・・・1/2片分
タイムのみじん切り、オレガノのみじん切り、バジルのみじん切り・・・各大さじ1/2

<作り方>

①バターを常温にしておく。
②ニンニクはすりおろしておく。
③材料のハーブ類をみじん切りにする。
④柔らかくなったバターに②③をいれ、他のスパイス類も入れてよく混ぜる。
⑤ラップに移し、ソーセージのような筒状にして冷凍庫で固める。
*ミニキャセロールに入れて固めても良い。
⑥適当な大きさに輪切りにしてサーブする。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >