mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第33回
Lussekatter(ルッセカット)
「ルシアの猫」という名のサフランパン

スウェーデンではクリスマスシーズンにLussekatt(ルッセカット)「ルシアの猫」という名のサフランパンを食べます。1年で一番暗い時期にあたる12月13日に、光の聖人「ルシア」を祝う祭があり、聖ルシアがこのパンを配ります。

「ルシアの猫」という名前の由来は定かではありませんが、昔のドイツでは、悪魔が配っていたパンを「悪魔の猫」と呼んでいたことから、聖ルシアが配るパンを「ルシアの猫」と呼ぶようになったとも言われています。

スパイスに使うサフランは、アラビア語の「黄金にする」という言葉が変化したもので、スウェーデンでは1800年代からクリスマスのスパイスとして使われてきました。そして、このサフランを使ったルッセカットは、ルシア祭とクリスマスのための特別なパンになりました。

千年以上も前から、黄金色のサフランパンは不思議な力を持つと信じられ、願いを込めて様々な形に作られてきました。地方によって形が異なり、車輪や人や動物の形など、その種類は20以上もあるようです。焼いたサフランパンのいくつかは、来年の豊作を願い、種を蒔く春までとっておくことから「種蒔きのクッキー」とも呼ばれていたそうです。

香り豊かなサフランを使った「ルシアの猫」を焼いて、クリスマスのFikaを楽しんでみませんか?

ルシア祭について詳しくはこちらをご覧ください。

/mjuk/column/life_1512.html

=========レシピ=========

<材料>

*** 22~23個 ***
・バター・・・・・50g
・牛乳・・・・・250ml
・ドライイースト・・・・・6g(小さじ2)
・マスカルポーネチーズ・・・・・125g(水気を切ったヨーグルトで代用可)
・グラニュー糖・・・・・90g
・強力粉・・・・・500g
・サフラン・・・・・0.5g
・卵・・・・・1個(溶き卵)
・レーズン・・・・・50粒程度

<作り方>

①大きめのボウルにドライイーストと小麦粉を混ぜておく。
②鍋に牛乳とサフランを入れて火にかけ、沸騰しないよう温める。
③②にバターを入れて、37℃以上にならないように注意して温めながら溶かす。
④③にグラニュー糖を入れて溶かす。
⑤①のボウルに④を入れ、マスカルポーネチーズも入れてよく混ぜる。
⑥生地がボウルから離れてまとまるまで捏ねる。少し柔らかい生地なので、粉をうちながらまとめていくとよい。
⑦まとまった生地をボウルに入れ、布巾をかけて2倍の大きさになるまで発酵させる。
⑧⑦の生地を、粉をふった台の上にとり出して、捏ねる。
⑨オーブンを240℃に設定して温めておく。
⑩生地を50gずつに分け、細長い棒状にして、S字型になるよう、両端から反対方向に丸め、丸まった中心部分にレーズンを埋め込む。
⑪天板にクッキングシートを敷き、間隔をとりながら⑩を並べて、二次発酵させる。
⑫⑩の生地が2倍近くまで膨らんだら、溶き卵を刷毛でぬり、230℃に温めたオーブンの中段に入れ8分~10分焼く。

*オーブンによって焼き上がりが違ってくるので、焼き色がつくのをみて取り出すとよいです。
*オーブンが小さい場合は3~4回にわけて焼くため、過発酵になりやすいです。残りの生地は成形するまで冷蔵庫に入れておきましょう。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >