mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第26回
Prinsestarta(プリンセストータ)
特別な日のケーキ「プリンセスケーキ」

スウェーデンでは5月29日が「母の日」にあたります。

日本のようにカーネーションを贈る習慣はありませんが、愛情のこもったメッセージと一緒に花束やプレゼントを贈ります。そしてお祝い事に欠かせない「Prinsestarta(プリンセストータ)プリンセスケーキ」を囲んで、家族みんなでFika(フィーカ)をします。このスウェーデン独特のケーキは鮮やかな黄緑色で、こんもりとしたした不思議な形をしています。最初に見た時は、どんな味がするのか想像もつきませんでしたが、ひとくち口に運んだとたん大好きになりました!

黄緑色の正体は、アーモンドペーストに砂糖を混ぜて練り込み薄く延ばした甘いマジパンシート。

スポンジケーキにジャムやフレッシュベリー、バニラクリームをはさみ、その上に甘くないホイップクリームをたっぷりとのせ全体をマジパンシートで覆います。

お誕生日、洗礼式、卒業式など特別な日のためのプリンセスケーキは、お祝い事に応じて色や形のバリエーションがたくさんあります。

スウェーデンでは黄緑色だけでなく、ピンクや黄色のマジパンも売っていますが、残念ながら日本で手に入れるのは難しいです。

そこで、市販のアーモンドプードル(アーモンドの粉)自家製マジパンを作り、本場のプリンセスケーキを作ってみませんか?

いつもよりちょっと上級者向けの、プリンセスケーキのレシピをご紹介しましょう!

=========レシピ=========

<材料>

【スポンジケーキ】
*市販のものを使用しても良い。
・卵・・・・・4個
・グラニュー糖・・・・・135g
・薄力粉・・・・・82g
・バター・・・・・適宜(焼き型に塗る分)
【フィリング1(バニラクリーム)】
・卵黄・・・・・2個分
・牛乳・・・・・150ml
・生クリーム・・・・・150ml
・グラニュー糖・・・・・50g
・片栗粉・・・・・大さじ1
・板ゼラチン・・・・・4枚(もしくは粉ゼラチン 小さじ2(6g))
・バニラエッセンス・・・・・少々
・生クリーム・・・・・200ml
【フィリング2】
・ラズベリージャム
・生のラズベリー(なくても良い)
【フィリング3】
・生クリーム・・・・・300ml
【トッピング】
・マジパン・・・・・約200g
・粉砂糖
・飾り(マジパン製のお花や食用のバラ等)

<作り方>

【マジパンのつくり方】
(材料)
・アーモンドプードル(アーモンドの粉)・・・・・200g
・粉砂糖・・・・・130g
・卵白・・・・・1個分

(つくり方)
①材料を全てよく混ぜ合わせ、硬めなら水を少しずつ足し、柔らかい場合は粉砂糖をふやしながら粘土くらいの硬さにする。
②緑や赤などお好みの食紅を少しずつ入れて色を調整する。

【ケーキのつくり方】
A : スポンジケーキを焼く。
①オーブンを180℃に設定し、24cmの焼き型にバターをぬり、薄力粉(分量外)をはたいて冷蔵庫に入れておく。薄力粉はふるっておく。
②卵とグラニュー糖をボウルにいれ、湯煎にかけながら充分に泡立てる。
③ふるっておいた薄力粉を②にいれ、切るように混ぜ合わせる。*混ぜすぎないように注意!
④①の焼き型に③を入れ180℃に温まったオーブンの下段に入れて30分間程度焼く。
⑤スポンジケーキが焼き上がったら、冷ましておく。

B : フィリング1のバニラクリームを作る。
①卵黄、牛乳、生クリーム(150ml)、グラニュー糖、片栗粉を鍋に入れ、弱火にかけ木べらで混ぜながらとろみがつくまで火を通す。もったりとしたクリーム状になったら火から下ろす。
②板ゼラチンを5分ほど水にふやかし、とり出したら、①に入れゼラチンが溶けるまで混ぜる。
*粉ゼラチンの場合は少し冷ました①に直接入れて混ぜながら溶かす。
③①の鍋を冷水にあてて、時々混ぜながら冷ます。人肌ぐらいに冷めたらバニラエッセンスを数滴入れて混ぜる。
④別のボウルで生クリーム(200ml)を硬めに泡立てたら、③で冷ましたクリームに少しずつ混ぜる。

C : ケーキを組み立てる。
①スポンジケーキは均等な厚さで3枚にスライスする。
②一番下のスポンジにフィリング2のラズベリージャムを塗り、フィリング1のバニラクリームを半分塗る。生のラズベリーがあればその上に散らすように置く。
③2枚目のスポンジをその上に重ね、残りのバニラクリームを塗る。その上にフィリング3の生クリーム(300ml)をしっかり泡立ててこんもりとドーム型に盛り、形を整えて3枚目のスポンジを重ねる。
④残りの生クリームを全体に塗り、薄く延ばしたマジパンシートで、ケーキ全体を覆うようにかぶせる。はみ出した部分のマジパンシートはきれいにカットする。
⑤粉砂糖を茶こしに入れ全体にふりかけ、別色のマジパンで作ったバラの花を飾る。
*食用のバラの花や花びらを飾っても良いですね。

・・・追加の情報・・・

*こちらの動画でつくり方がみられます。
https://youtu.be/jcySM0cMYv8

https://youtu.be/gpYsXxFlX6s

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >