mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第21回
Pepparkakor/ペッパルカーコル
ジンジャークッキー

スウェーデンではクリスマスシーズンに作る伝統的なお菓子がいくつかあります。

中でもスパイスの効いた、お馴染み「ジンジャークッキー」は欠かせないアイテム!

そしてジンジャークッキーの生地で作るジンジャークッキーハウスは、存在感の大きなクリスマスデコレーションのひとつです。

ストックホルムの建築博物館では毎年コンテストが開催されるほど、ジンジャークッキーハウスに寄せる思いは特別のようで、手軽な市販の生地を使って自家製ジンジャークッキーハウスを作る家庭も多く、毎年どんなデザインにしようかな...といろいろ思いを巡らせるのも楽しいひとときです。

ジンジャークッキーの生地はIKEAでも販売されていますが、日本で手に入るスパイスで簡単につくれますので、ぜひ挑戦してみてください!

=========レシピ=========

<材料>

ハート型か花型で約6cmのクッキー125枚分

ブラウンシュガー ・・・・・ 135g(なければグラニュー糖で)
ガムシロップ ・・・・・ 75ml(メープルシロップで代用可)
水 ・・・ ・・75cc
バター ・・・ ・・150g
シナモンパウダー ・・・・・ 大さじ1
ジンジャーパウダー ・・・・・ 大さじ1
クローブパウダー ・・・・・ 小さじ1
薄力粉 ・・・・・ 360g + 打ち粉
重曹 ・・・・・ 小さじ 1 1/2

<作り方>

1)砂糖、ガムシロップ、水を鍋に入れて砂糖が溶けるまで火にかける。
2)1)にバターを入れて溶かしてから冷ます。
3)薄力粉に重曹を混ぜ合わせ、2)とよく混ぜて、こねる。
4)出来上がった生地はラップに包んで、冷蔵庫で一晩寝かせる。
5)オーブンを175℃~180℃に設定する。
6)台に打ち粉をふり、4)の生地を薄くのばす。
7)好みの型で抜いてオーブンシートを敷いたオーブンプレートの上にのせていく。
*ヘラやスケッパーを使うと扱いやすい。
8)設定温度に温まったオーブンに7)を入れ約6~8分焼く。
*かなり柔らかい生地なので薄くのばすのが大変ですが、1~2ミリの薄焼きのほうが美味しくし仕上がります。難しい場合は生地に小麦粉を少々足して硬めの生地にしてもよい。

※自家製ガムシロップを作る場合は、水 250cc、グラニュー糖 90gを鍋でキツネ色になるまで煮詰める。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >