スウェーデンハウスを
シェアしよう!

コラム
情報誌

Feel the TECHNOLOGY 五感で実感「守られてる感」日本人が待ち望んでいた窓。

スウェーデンハウスの窓は北欧生まれですが、日本の気候や日本人の情緒に驚くほどフィットし、多くのオーナー様から「唯一無二の窓」として愛されています。スウェーデンハウスの窓は、採光や通風という窓の基本的な役割の他に、厳しい気候から家を守るための「機能」を兼ね備えた頼もしい窓です。そして外とのつながりを求める「気持ち」にも応える、広やかな視界を持つ窓です。スウェーデンハウスの創業者は、この窓を一目見た瞬間に「この窓を日本に紹介したい」と直感的に感じたといいます。窓辺に立っても寒くない、台風などの影響も受けにくい-それまでの日本には存在しなかった、そして日本人が一番必要としていた窓だと確信したのです。スウェーデンハウスの窓に初めて出会った人は、解放感やぬくもり、安心感など、今まで感じたことのないような、さまざまな感覚を窓から受けます。その中でも高い気密性から生まれる「守られてる感」は、一度経験すると手放したくなくなるほど快適なもの。創業以来25年間、この窓が愛され続けている理由の一つなのです。

気になる内容はこちらからPDFでご覧いただけます。

PDFでは下記のような項目がご覧いただけます。
・風雨にも負けず、火にも負けず。
・弱いはずの窓が、安心の元。

是非ご覧ください!