【私がつくる。My mjuk(マイミューク)】スウェーデンの手しごと

 

白夜の夏とは対称に、寒くて暗いスウェーデンの冬は長く、部屋の中で過ごす時間がたっぷりあります。気持ちまで暗くなりがちな冬の日々ですが、スウェーデンの人たちは楽しく過ごす術を心得ています。

 

お気に入りのインテリアで部屋を飾ったり、古くから伝わる手しごとをして時間を過ごすのもそのひとつ。

 

暖炉の上には何世代もの間、家族をみまもり続けてきたダーラヘスト、思い出のセーターをほどいて編み直す「Mormorsrutor(モールモッシュ・ルートル)」のブランケット、編み針の手をすこし休めてとりかわすおしゃべり、深い香りのコーヒーと手作りのお菓子でフィーカ‥… ゆっくりと流れていく時間を楽しむのも長い冬だからこそできる贅沢。

 

キャンドルのともしびが創りだす空間で、mysig(ミューシグ*)なひとときを過ごします。

 

*ミューシグとは・・・「居心地がいい」、「気持ちがいい」状態を意味するスウェーデン人にとって大切な言葉。

 

 続きはこちらからご覧ください。

 

トップへ戻る