ページ内を移動するためのリンクです。

15????? ?????????????
????????
?????????


実例紹介|一般住宅・別荘

人生を豊かに味わう家。 埼玉県 I邸 延べ床面積:40~50坪 単世帯/夫婦

雄大な自然に囲まれた北米の家をお手本に

北海道から九州まで引越しすること実に11回。会社員として多忙な日々を過ごしながらも、「若いころから引退後のことはずっと考えていました」とI様。早めの現役引退は、趣味をゆっくり楽しみたいという思いに加え、奥様との暮らしを楽しむためだったそうです。 「自宅としては今回が3件目。2件目は約30坪の建売住宅でしたが、ゆくゆくは自分の納得のいく家を建てるつもりでした」とご主人。そのイメージは、仕事で何度も訪れたアメリカで見た、自然に囲まれて建つ家。住み替えに際して、交通の便に優れ、なおかつ身近にゆったりと美しい自然がある土地をじっくり探したのも、そうした理由からでした。
当初は、「北米系の輸入住宅を」と考えていたご主人の気持ちを変えたのは、たまたま隣に住んでいた方からスウェーデンハウスのカタログをもらったことがきっかけでした。「遮音性や断熱性など住宅性能のよさを感じただけでなく、その後、見に行った浦和展示場が、屋根のデザインや窓の配置、色の調和、木の感じまで、まさに私のイメージそのものだったんです」。 建築中は毎日のように現場に通って、完成するまでの過程も十分に楽しまれたとか。奥様によると、当時のご主人は「まるでプラモデル作りに夢中の子供みたい」だったといいます。

ゆとりあふれる空間を妥協することなく追求

ガーデニング歴30年の奥様が丹精込めた花々で美しく彩られたI様邸は、周辺でひときわ目を引く存在です。印象的な大屋根の外観は、「初めて建てた家が大屋根だったので、二人とも思い入れがあって」とご主人がおっしゃるように、1軒目に建てたお宅に似た形を選んだもの。「外観の美しいバランスにもこだわり、窓の形や位置も細かく検討しました」。
ご主人のこだわりの空間は、ビルトインガレージと2階ホビールーム。トレッキングと写真がご趣味のご主人らしく、山小屋のようにしつらえられた空間は、デスクのデザインや棚の寸法まで細かく計算され、機能性も重視されています。 「やっぱり一所懸命働くだけの人生じゃなくて、ゆとりがほしいですよね。ここは本当に終の住処という感じがします」と奥様。これまでさまざまな地域の数多くの家に住まわれたお二人だからこそ、自分たちに必要なものをしっかりと見極め、またデザインやコストも妥協することなく、ここまでゆとりあふれる空間を追求されたのでしょう。

快適さを考えると安いスウェーデンハウス

「営業の方から聞いてはいたのですが、冬場の夜、暖房を切って寝ても、朝の室温は15℃以下にならないとう話が本当だったのはビックリ」と奥様。以前のお宅は、冬は寝室が5℃になることもあり、結露もひどかったそうですが、今はどの部屋も暖かく温度差の少ない環境なので、朝から活動的に過ごせるようになっただけでなく、植物にとってもいい状態とのこと。「唯一困るのは、室温が暖かく快適なので、うっかり薄着で外出してしまうこと」とご主人。そこで、外気温と室温がわかる温度計がリビングの必需品になりました。
また、「電気代は年間平均で月1万2000円くらい。家の広さは2倍くらいになったのに、以前より少ないんですよ」と、断熱性の高さも実感。夏は2階のクーラー3台を24時間ほぼ連続運転にして冷気を1階に下ろすなど、住まい方もより効率的になっているそうです。以前のように窓が結露することもなく、「バブルのときに買った建売の家は何だったの?という感じ。住み心地のよさを考えれば、スウェーデンハウスは安いくらいです」(奥様)。
そんなお二人の暮らしは、まさに悠々自適。「朝は5時半くらいから庭に出て、もうすぐ咲きそうな花のつぼみを見つけたり、こぼれた種を拾ったりするのが本当に楽しい」とおっしゃる奥様は、道行く人のためにと、季節ごとに花を植え替え、クリスマスシーズンはイルミネーションで美しく飾るといいます。きっとそんな心遣いが伝わるのでしょう。ある日、近隣のどなたかが撮影したI様邸の外観写真がポストに入れられ、『いつも目を楽しませてもらっています』という手紙が添えられていたとか。そんなうれしいエピソードも紹介してくださいました。
一方ご主人は北アルプスや尾瀬、近隣の山なのに出かけては、カメラに美しい自然を収めるのが一番の楽しみ。取材時も目前に控えたスイス旅行を心待ちにされていました。 家の中でお互いに干渉し合わず、それぞれの時間を大切に過ごされることも多いそうですが、リビング階段を通して気配や声が自然に伝わるため、「つかず離れずで、ちょうどいいですね」と奥様。「家の中のどこにいても快適」なため、一人で過ごす時間も以前より楽しくなったといいます。 「ホテルよりずっと快適。家がそのままリゾートになりました」

関連コンテンツ

???????? ??????????????????????????????
?????? ??????????????????????????????