ページ内を移動するためのリンクです。

15????? ?????????????
????????
?????????


参考情報 耐震性能

テクノロジー トップ

地震後も安心して住み続けていただける家

実験地震加速度1,636ガル→   応答加速度2,100ガル=応答倍率1.29倍

スウェーデンハウスの非常に「堅い」構造が、建物の揺れを最小限に抑えました。

地面の揺れに対して、建物の1階より2階、2階より小屋裏と、高くなるほど揺れが大きくなります。スウェーデンハウスでは小屋裏で最大の応答加速度約2,100ガルを記録しました。 一般的な住宅では、応答加速度は地面の揺れの大きさに対して2倍程度。地面が1,636ガルであれば、小屋裏の応答加速度は約3,300ガルになります。スウェーデンハウスは堅く揺れが少ない構造であるため、地面の揺れの1.29倍の応答加速度2,100ガルに抑えたのです。揺れが少ない建物であることは、地震の後も建物のダメージを抑え、補修等も軽減されるということです。

建物の揺れが少ない

スウェーデンハウスの非常に「堅い」構造が、建物の揺れを最小限に抑えました。

建物が水平方向にどの程度傾いたかを表す数値に層間変形角があります。一般の住宅では、壁クロスに損傷が生じるのは層間変形角1/120程度と言われています。1/120とは階高2700㎜の場合、壁の傾きが22.5㎜変形したときの数値です。スウェーデンハウスでは、阪神・淡路大震災の揺れに対して壁の傾きがわずか4.6㎜でした。これは、変形を約1/5に抑えたことになります。

建物の変形が小さい
???????????????????????????????????????????
?????? ??????????????????????????????

関連コンテンツ

テクノロジー トップ