mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第16回
アイスクリームのチョコレートソースがけ
Glass med chokladsås
(グラッス・メ・ショクラードソース)

実はアイスクリーム消費国ランキングで常に上位にあがっているスウェーデン。

真冬の寒い時期でも、アイスクリームを食べている人を見かけるたびに「なるほど...」と、納得してしまいます。そしてアイスクリーム好きのスウェーデン人を語るのに忘れてはならないもの、それはHemglass(ヘムグラス)という会社のアイスクリームを売るトラックです。通称「Glassbil/グラスビール(アイスクリームの車という意味)」といわれるこのトラックは、オリジナルの曲を流しながら国じゅうの決められたルートを決められた時間どおりに走り、アイスクリームを販売します。子どもたちは毎週その時間を楽しみに待ち、遠くの方から音楽が聞こえると、通り過ぎてしまわないようにと走って買いにいきます。実際のところ、子どもたちだけでなく、大人もこころまちにしているのですが。

冷たいアイスクリームは温かいものとの相性も抜群!

スウェーデンでは、アイスクリームを焼きたてのクランチパイに添えるのが定番ですが、温かいチョコレートソースをかけていただくのもまた格別です。簡単に作れる自家製チョコレートソースを作ってみましょう!

=========レシピ=========

<材料>

4人分
ココア     大さじ1.5
バター     大さじ1
砂糖      大さじ3
シロップ    大さじ1
(なくても良いですがガムシロップでも代用できます)
生クリーム    100cc

<作り方>

1)鍋にバターを溶かし、ふるったココアを入れる。
2)1)にシロップと砂糖を入れ混ぜ合わせ、最後に生クリームを入れる。
3)2)の鍋を火にかけ、砂糖が溶けて材料が混ざり、なめらかなソース状になるまでかき混ぜる。
*とろみが足りないようならお湯を少々加えて調整する。

<食べ方>

チョコレートソースは温かいうちにアイスにかけていただきます!
イチゴやベリー類を一緒に添えてもいいですね。
スウェーデン風パンケーキ(薄いクレープのようなもの)と一緒にいただいても美味しいですよ!

*以前ご紹介したルバーブのクランチパイやワッフルのレシピはこちら。
http://www.swedenhouse.co.jp/mjuk/column/recipe_1408.html

チョコレートソースを添えて、スウェーデンの定番メニューをお楽しみください。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >