mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第12回
Våfflor(ヴォッフロル)スウェーデン風ワッフル

スウェーデンには「お菓子の日」がたくさんあります。

「シナモンロール」、「セムラ」に続いて3月25日は「Våffeldagen(ヴォッフェルダーゲン)ワッフルの日」です。キリストが生まれた日(12月25日)からさかのぼり、9ヶ月前にあたるこの日を聖マリア受胎告知の日と定め、お祝いしたことから始まりました。

Jungfru Maria (聖マリア)の別名 Vår Fru/ヴォールフルが変化してヴォッフェルダーゲンと呼ばれるようになったそうです。

日本ではベルギーワッフルが人気ですが、スウェーデン風ワッフルはもう少し薄くサクサクで、可愛いハートの形が特徴です。焼きたてのアツアツにお砂糖をかけただけでも美味しいのですが、生のベリーやジャム、生クリームと一緒にいただくのが最高です!

残念ながらこのタイプの焼き型は日本では売っていないのですが、鉄製のアンティークの焼き型が手に入れば日本のコンロでもスウェーデン風サクサクワッフルが焼けますよ。

手持ちのベルギー風ワッフルメーカーでも、温度を調整すると焼けるので挑戦してみてくださいね。

=========レシピ=========

<材料>

4人分
バター              125g
(焼く時のバターは別に用意する)
小麦粉              220g(2カップ)
卵                2個
ベーキングパウダー        小さじ1
塩                小さじ1/4
牛乳               200ml
冷水               200ml

*** トッピング用材料 ***
生クリーム            適宜
生か冷凍のベリー類 or ジャム  適宜
お好みでグラニュー糖か粉砂糖   適宜

<作り方>

1)バターを鍋に入れ、火にかけて溶かしたら、火からおろして冷ます。
2)ボウルに小麦粉とベーキングパウダー、塩を入れて混ぜる。
3)2)に半量の牛乳とよく溶いた卵を入れ、滑らかになるまで泡立て器で混ぜる。
4)3)に残りの牛乳と溶かしたバター、冷水も入れ、滑らかな生地になるまで更によく混ぜる。
5)ワッフルの焼き型を火にかけ(ワッフルメーカーを使用する場合は電源を入れ、設定温度にする)、バターを溶かして焼き型を馴染ませてから4)の生地を流し入れ、黄金色になるまで1~2分焼く。
6)焼けたワッフルにベリーと生クリームを添えたら出来上がり!

*スウェーデン風ワッフルの焼き型がある場合は時間どおりでいいですが、焼き型がベルギーワッフルのように分厚い場合は、温度を少し低めに設定して、長めに焼いてください。
(注)流し入れる生地は毎回良く混ぜながら流し入れる。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >