mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第10回
春を告げるお菓子「Semla(セムラ)」

1月になるとスウェーデンのベーカリーやパティスリーには

シュークリームのような形のパンが並びます。これは「Semla(セムラ)」とよばれるお菓子で、昔は復活祭の一連の行事である断食に備えてカロリーを蓄えておくために、断食が始まる前日の「 Fettisdag(フェットティースダグ) : 懺悔の火曜日」と呼ばれる日に食べるものでした。今ではクリスマスが終わると、街中のお店が先を争って売り出し、最近はチョコレート味やブルーベリー味など、バリエーションが広がっています。メディアでは毎年、街のNo.1セムラが選ばれ、この時期のスウェーデンはセムラの話題でもちきりです。

春を告げる使者でもあるセムラは、北欧の人たちの心までたっぷり満たしてくれるお菓子なのです。

カルダモンの香りのパンにアーモンドペーストと生クリームをたっぷり詰めたセムラは、日本人にはちょっとボリュームがあり過ぎるので、ミニサイズにしてご紹介しましょう!

(参考)

「懺悔の火曜日」とは、復活祭直前の火曜日を指します。

=========レシピ=========

<材料>

ミニセムラ16個分
(通常の約半分の大きさで直径5~6cm)
<パン生地>
生イースト(菓子パン用)  12g *ない場合はインスタントドライイースト7~8gを使用。
牛乳            125ml
ヨーグルト         50g
*スウェーデンではKesella(ケセッラ)というフレッシュチーズと生クリームが混ざった乳製品で作りますが、日本では入手できないので、ヨーグルトで代用します。マスカルポーネチーズでも可!
バター           25g
塩             2g
カルダモン(パウダー)   小さじ1/2
グラニュー糖        35g
薄力粉           110g
強力粉           110g
*強力粉だけで220gでも良い。
溶き卵           1個 *つや出し用

<フィリング>
アーモンドペースト     125g *手に入らない場合<アーモンドペーストのレシピ>を参照。
牛乳            500ml
<デコレーション>
生クリーム         100ml
粉砂糖           適宜

<作り方>

1)生イーストをボウルの中でくずし、人肌に温めた牛乳で塊がなくなるまで指で潰しながら溶かす。
2)1)にヨーグルト、室温で柔らかくしたバター、塩、カルダモン、砂糖と小麦粉を混ぜてこねる。
*ドライイーストの場合は小麦粉に混ぜてから、他の材料と混ぜ合せてこねる。
3)2)の生地をさらによくこね、ボウルに生地がくっつかなくなったら、濡れ布巾を被せて40分ほど発酵させる。(一次発酵)
4)3)の生地が2倍くらいに膨らんだら、粉をふるった台の上に取り出し16等分する。
5)両手のひらで押すように丸くまるめたら、乾いた布巾をかけて更に30分発酵させる。(二次発酵)
6)オーブンを250℃に温めておく。
7)5)の生地がふっくらと膨らんだら溶き卵を塗って250℃に温まったオーブンに入れ、約8分焼く。
8)焼き上がったらオーブンから取り出し、少し冷めてから上の部分(1/4くらいのところ)をナイフで切りとる。カップになる部分は手で少しくり抜き、くり抜いたパンはフィリングに入れるので取っておく。
9)くり抜いたパンの中身とアーモンドペースト、牛乳をフードプロセッサーで軽く混ぜ、フィリングを作る。
*フードプロセッサーがない場合はハンドミキサーか泡立て器で混ぜる。
*アーモンドペーストは後述のレシピを参照。
10)8)でくり抜いたパンの穴に9)のフィリングを詰め、その上にしっかりとホイップした生クリームを絞り器で円を書くように絞り出す。
11)8)で切り取った上の部分はそのままでもいいが、三角やハート形になるよう、端を切り落とし、帽子を被せるように絞り出した生クリームの上に乗せる。
12)茶こし等で粉砂糖をふるいながらトッピングする。


<アーモンドペーストのレシピ>
*** 材料 ***
菓子材料の無塩ローストアーモンド   100g
粉砂糖                30g
グラニュー糖             45g
牛乳                 適宜
*** 作り方 ***
1)アーモンドは沸騰したお湯で1~2分茹で、少し冷ましてから、皮を剥く。
2)キッチンペーパー等で水気をとったら、材料の砂糖を入れフードプロセッサーにかける。
*アーモンドプードル(アーモンドの粉)があれば、それを利用すると簡単です。
3)硬さをみながら少しずつ牛乳を加えていき、パン生地くらいの硬さに仕上げる。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >