mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第6回
スウェーデン流まかない料理 Pyttipanna(ピッティパンナ)

スウェーデン料理の主食はじゃがいもで、Potatis(ポターティス)と言います。

今ではお米やパスタも食卓にあがる機会が増えましたが、やはり伝統的なスウェーデン料理にじゃがいもはかかせません。今日は、そのじゃがいもが残った時に作る「スウェーデン風炒飯」とも言えるお料理「Pyttipanna(ピッティパンナ)」をご紹介しましょう。一般的には茹でたじゃがいもと玉ネギとソーセージ.を使ってつくりますが、レストランでは、牛ヒレ肉を使った豪華バージョンのメニューもあります。を使ってつくりますが、レストランでは、牛ヒレ肉を使った豪華バージョンのメニューもあります。
ピッティパンナに使うソーセージは、とってもスウェーデンぽい食材で、Falukorv(ファールーコールブ)と呼ばれ、ダーラナ地方のファールンという場所で作られたのが始まりだそうです。馬のひづめのような独特の形をしたソーセージは、スウェーデンのスーパーマーケットを覗くとすぐに見つかりますよ。

ピッティパンナに使うソーセージは、とってもスウェーデンぽい食材で、Falukorv(ファールーコールブ)と呼ばれ、ダーラナ地方のファールンという場所で作られたのが始まりだそうです。馬のひづめのような独特の形をしたソーセージは、スウェーデンのスーパーマーケットを覗くとすぐに見つかりますよ。

日本ではボローニャソーセージというもので代用できますし、牛ブロックならちょっと豪華なピッティパンナができますよ。

残りもののローストビーフや、ポークでも代用可

仕上げに生クリームを少し入れると、マイルドになりコクがでます。

トッピングは目玉焼き(生卵を乗せるものもあります)や、レッドビーツがおすすめです。

=========レシピ=========

<材料>

ボローニャソーセージ   400g
*肉類と混ぜても可
茹でたじゃがいも     500g ( 中5個 )
玉ネギ          中2個
卵            4個
レッドビーツのピクルス  適宜
塩            小さじ1/2
コショウ         適宜
バター          35g
パセリ          適宜(お好みで)

<作り方>

1) 茹でたじゃがいもの皮を剥き、1〜1.5 cmのキューブに切る。
2) 玉ネギとソーセージもじゃがいもと同じくらいの大きさのキューブ状に切る。
*お肉を使う時はあらかじめ火を通しておく。(ローストビーフを使う時は不要)
3) 熱したフライパンにバターの半量を入れて、ソーセージを炒める。ソーセージから油が出て来たら玉ネギも加え炒める。玉ネギが透き通ってきたら、最後にじゃがいもを入れて中火で6〜7分炒める。(じゃがいもが焦げ付く前に火を止める)
4) 塩、こしょうで味付けする。お好みで生クリームを入れても良い。
5) お好みでパセリのみじん切りを入れて仕上げる。
6) お皿に盛りつける。
7) フライパンをお湯でさっと洗い、バターかサラダ油をひいて目玉焼きをつくる。
8) 目玉焼きは黄身にあまり火が通らないように仕上げ、6)にトッピングし、レッドビーツのピクルスを添えてサーブする。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事

次の記事 >