mjuk

Column from Sweden

12ヶ月の美味しい話

第1回
スウェーデン料理の定番その1
Inlagd sill / インラグドシィル(酢漬けのニシン)

バイキング料理とよばれるビュッフェ形式の食事は、ご存知のようにスウェーデン料理の「スモルゴスボード」からきています。

スモルゴスとはサンドイッチのこと。北欧ではパンの上にバターを塗り、ハムや卵、野菜などをのせるいわゆるオープンサンドが主流です。ボードはテーブルの意味。
テーブルの上に並べられた料理を好きなようにパンの上にのせて頂いたのが始まりだそうです。
もともとは強いお酒に合わせる、おつまみとしての料理だったようですが、現在では30品以上ものお料理が季節ごとの行事やパーティのテーブルを飾ります。
そのスモルゴスボードに欠かせない1品が『酢漬けのニシン』です。

スウェーデンでは瓶詰めや缶詰になったものがどこのスーパーでも売られています。
味付けはベーシックなものからマスタード風味、カレー風味、トマト風味と年々種類も増えているように思います。

日本では生のニシンがなかなか手にはいらないので、身近にある材料マイワシを使ったオリジナルレシピで作ってみましょう!

=========レシピ=========

<材料>

マイワシ・・・ フィレにしたもの3尾分 約115g (生のニシンがあればなお良い)
*ひしこイワシなどは小さすぎて向かない。
(下味調味料)
酢・・・・・・50ml
塩・・・・・・大さじ1
(マリネ液)
酢・・・・・・100ml
砂糖・・・・・250g
水・・・・・・100ml
レモン汁・・・1/2個分
塩・・・・・・お好みで
紫玉ねぎ・・・1/4個分 大きめの輪切り
人参・・・・・3mmくらいの輪切りで4~5枚
レモンの皮・・千切り少々
ホールのオールスパイス、ホールのペッパー類(ブラック、ピンク等。なければブラックペッパーだけでもOK)
ベイリーフ・・1~2枚
*ピクルス用スパイスを少し使ってみたら、良い香りがつきました。

<作り方>

  • 1)マイワシの頭を取り、3枚に下ろしてフィレにする。
  • 2)皮を丁寧に剥ぐ。
  • 3)さっと塩水で洗い、キッチンペーパーで水気を取る。(この状態で)1日冷凍庫で冷凍させる。
  • 4)冷凍庫から出してゆっくり解凍し、下味調味料に漬ける。魚が空気に触れないよう、浅めのステンレスのバットかガラスの容器にいれ、魚にくっつくよう直接ラップをかけて冷蔵庫で1日おく。
  • 5)鍋にレモン汁以外のマリネ液の材料と人参、ベイリーフ、スパイスを入れ、沸騰する直前まで火にかけ、少し熱がとれてから紫玉ねぎとレモン汁を入れる。
  • 6)下味調味料につけた魚の水分を切って、完全にさました5)のマリネ液に漬ける。
  • 7)煮沸消毒をした容器にいれ、冷蔵庫で保存する。

*2日目くらいからが食べ頃です。賞味期限は約1週間。
*お好みでレモンをオレンジに変えたり、ディルを入れてもいいですね。

<食べ方>

酢漬けのニシン(イワシ)はそのままいただけますが、スウェーデンでは茹でたジャガイモとgräddfil(グレッドフィール)というサワークリームの少し柔らかいもの、それにゆで卵と紫玉ねぎとチャイブ、ディルをトッピングしていただきます。
03_thumb04_thumb

・・・追加の情報・・・

Sill(シル)について
冷蔵庫や冷凍庫のなかった時代は、ニシンのフィレを大量の塩で漬け保存したことから始まったそうです。
スウェーデンではマリネされて出来上がったものは勿論、自分でマリネできるように塩漬けニシンの塩を少し抜いた状態のものも缶詰で売られています。

◆Smörgåsbord(スモルゴスボード)について
日本では「スモーガスボード」と呼ばれることもありますが、「スモルゴスボード」と呼ぶと、よりスウェーデン人らしい発音になります。
スウェーデンでレストランに行く機会がありましたら、「Har ni Smörgåsbord?(ハァ― 二 スモルゴスボード?)」(スモルゴスボードはありますか?)と尋ねてみてくださいね。

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

次の記事 >