mjuk

Column from Sweden

北欧の暮らし

第39回
Sveriges Nationaldag(スウェリエス・ナフォナルダーグ) スウェーデン・ナショナルデー

ゴールデンウィークやシルバーウィークなど、日本には祝日がたくさんありますが、スウェーデンには祝日がほとんどありません。多くはキリスト教の行事で、それ以外の祝日には、元旦とメーデー、そして6月6日のナショナルデー※があります。
ナショナルデーにはストックホルムにある王宮が入場無料となり、たくさんの人が訪れます。野外博物館「Skansen(スカンセン)」ではナショナルデーを祝うコンサートが開かれ、王室のメンバーが招かれます。国王夫妻をはじめ王女や王子は、王宮からスカンセンまでの5kmの道のりを馬車に乗ってパレードし、沿道は王室ファミリーを一目見たいと願う人たちでうめつくされます。また市庁舎では、その年に国籍を得て国民となった人たちをお祝いするセレモニーが執り行なわれます。
ナショナルデーには、旬のイチゴをデコレーションしたミニケーキでFikaをする習慣があります。またこの日に、「smörgåstårta(スモルゴストータ)」と呼ばれるサンドイッチケーキを食べてお祝いする人も多いそうです。

smörgåstårta(スモルゴストータ)のレシピはこちらをどうぞ。
http://www.swedenhouse.co.jp/mjuk/column/recipe_1606.html

パレードの様子はこちらでご覧になれます。
https://youtu.be/DRP9xUV-MbM

※ナショナルデーとは…
1523年のこの日、建国の父とも言われるグスタフ・ヴァーサがスウェーデン国王に就任したことと、1809年の同じ日に憲法が制定されたことから、1983年正式にこの日が「ナショナルデー」と定められました(北欧の暮らし第27回コラムより)。

写真:王宮からスカンセンまで馬車でパレードする国王夫妻


・・・・Rosendals trädgård(ローゼンダールズ・トレードゴード) ローゼンダールガーデン・・・・

緑が勢いよく生い茂る6月は、スウェーデンの短い夏のはじまり。 大自然の中で、心も身体も解放してエネルギーを充電する季節です。
スウェーデンには、夏を思いっきり楽しめる場所がたくさんありますが、それは首都ストックホルムも例外ではありません。「Rosendals trädgård (ローゼンダールガーデン)」もそのひとつ。 ストックホルムの中心地からトラム(路面電車)に乗って15分足らずの所にあり、広大な敷地には畑や果樹園があります。
敷地内には大きな温室が建っていて、その中がカフェやショップになっています。ショップでは石釜で焼いたパンや、ここで収穫された野菜や果物やお花が売られており、カフェではこれらの材料を使ったオリジナルメニューのケーキやサンドイッチが大人気です。広い果樹園には林檎の木がたくさん植えられていて、お天気の良い日はピクニックを楽しむ人でいっぱいになります。太陽が遅くまで沈まない6月は、日没までのんびりと過ごせる最高の場所となります。

写真:お天気のよい日は外でFikaする人たちでいっぱい

・・・・ Midsommar(ミッドソンマル) 夏至祭・・・・

スウェーデンでは、クリスマスと並び最も大きなイベントが夏至祭「Midsommar(ミッドソンマル)」です。夏至祭には「Midsommarafton(ミッドソンマルアフトン)」と呼ばれるお祝いをし、2017年は6月23日がその日にあたります。
夏至祭は地域ごとに行われ、広場には白樺の枝と色とりどりの草花で飾り付けられたメイポールが立てられます。中でもダーラナ地方の伝統的な夏至祭は特に有名で、国内はもちろん世界中から大勢の観光客が集まります。
スウェーデン国内でも、メイポールの形や民族衣装は地方によって異なりますが、「Små grodorna(スモーグロードナ)ちいさなカエル達」という歌を歌いながら、メイポールの周りを跳ねたり踊ったりするのはどこも同じようです。
夏至祭のもうひとつのシンボルは、草花を束ねてつくる「midsommarkrans(ミッドソンマルクランス)」という花の冠です。この日はどこへ行っても、手づくりの花の冠を頭に被った人たちに出会います。
ストックホルムでは、野外博物館「Skansen(スカンセン)」で毎年夏至祭のお祝いがあり、この日だけは無料で入場することができます。夏至祭は、1年中で一番陽気なスウェーデン人を見ることの出来る1日かもしれませんね。
Glad Midsommar! (夏至祭に掛け合う言葉。この時期はグリーティングカードにもこのように書きます。)

写真:スカンセンの夏至祭のイベントで、メイポールを立てるところ。


下のリンク You Tubeで “Små grodorna” の歌と踊りが見ることができます。
https://youtu.be/cqAiPkgTpy4

スカンセンの夏至祭の様子
https://youtu.be/ZlrZwBxCjds

見瀬理恵子(イラストレーター)

ライター:見瀬理恵子(イラストレーター)

大阪総合デザイナー学院ファッションデザイン科卒。ペーター佐藤、安西水丸、原田治、新谷雅弘氏に師事。デザイン事務所勤務を経て、フリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。1995年ー2000年と2006年から7年間スウェーデンに在住し、娘二人の成人を期に2013年9月に帰国。

< 前の記事